ごあいさつ

産業技術の課題を解決するプロ集団。それが受託研究のKRIです

KRIは、社会から必要とされる製品やサービスを生み出す産業技術に関し、幅広い領域での高度な技術力と問題解決力を有する経験豊富な研究の専門家が、お客さまのお困りごとなどの技術課題を解決するプロ集団です。特に、材料、環境・バイオ、エネルギー関連を中心とした、研究開発、解析や計測・分析、技術・市場動向調査を強みとした受託研究事業を推進しています。

 その歴史は、1980年代後半に、アメリカ・シリコンバレーの受託研究機関であるSRI Internationalをモデルとして、大阪ガス株式会社の100%出資により、専門の研究員と研究設備を抱え、受託研究を事業とする会社として始まりました。当初は、最先端の科学技術の研究を目指していましたが、中央研究所の閉鎖など日本の企業における研究開発のあり方が大きく変わっていく中で、当社の事業形態も変化を余儀なくされる中、企業における研究でのシーズ技術の提供や不足するリソースを補完する役割を見出し、その経験を積みノウハウを磨いてきました。我々の受託研究のお約束として、機密保持の徹底と成果はお客さまのものという二大原則のもと、技術のお困りごと解決に徹することで、民間企業からの受託のみで賄う、世界でも類を見ない独自の受託研究の事業スキームを確立してきました。そして、これまで2000社を超えるお客さまとのお取引きを通じて、育み鍛えていただきましたことで、2017年には創立30周年を迎えることができました。

今日では、研究企画や技術調査、シーズ探索、基礎・応用研究から商品開発、そして量産プロセス設計・製造コスト試算、さらには品質管理やトラブル解析まで、あらゆるステージでのお困りごとの解決で、頼りになり価値ある一手として、さまざまな分野・業種の企業・団体のお客さまからご愛顧いただいています。
これからも、お客さまの技術に関するお困りごとを受託研究で解決するプロ集団として、価値創造のInnovation Partnerであり続け、社会の発展に貢献していきます。