ポリエチレン含有ナノファイバー不織布膜の作製

●電界紡糸法によるポリエチレン複合化ナノファイバー(不織布)形成に成功

目的・背景

●KRIでは、電界紡糸法によるポリマーナノファイバー不織布の形成技術を保有
●電界紡糸法によって形成可能なナノファイバーの組成範囲を拡げます
●機能性向上目的とした電界紡糸法セパレータの可能性検討

本技術の特徴

1.電界紡糸法によるポリエチレン含有ナノファイバー成形
・ナノファイバーのマトリクスとなるポリマー溶液組成の最適化、加熱によるポリオレフィンの共吐出技術
・マトリクスポリマー単独のナノファイバーと同様の複合体不織布膜の形成

2.ポリオレフィンの性質を発現
・融解挙動など、ポリエチレン本来の性質も発現

KRIからのご提案

●電界紡糸法を用いた新規複合組成フィルターの設計と形成
●電界紡糸法の適用による新規傾斜組成不織布の形成
●高耐熱性とシャットダウン機能を兼ね備える新規Liイオン二次電池用セパレータの設計と作成
●新規セパレータを用いたLIBの組み上げやその充放電試験等の一連のLIB開発

この内容に関するお問い合わせ

構造制御材料研究部