局所加熱材料

〜限られたエネルギーを効率よく利用する〜

低品位排熱活用・EVの暖房問題・ファブリックレベルでの高熱伝導化など、従来注目されていなかった熱量の制御技術への対応
限られたエネルギーを高効率利用する局所加熱コンセプトと関連材料をご提案

目的・背景

  • ●KRIでは、有機や無機の低分子〜高分子化合物の合成や化学修飾/物理的変性、種々の形状付与(成形)プロセス等の材料ハンドリング技術を有しており、熱制御(熱伝導、熱伝達)に必要な基礎知見を有しています。

本技術のコンセプトと特徴