金属アルミを利用した 水素製造技術の開発と展開

金属アルミをソースとした高効率・携帯化可能な水素製造技術の開発
水素利用のための新規なエネルギーストレージ、エネルギーデバイスの開発を支援します

背景と目的

  • ●燃料電池をはじめとする水素社会のための効率的水素製造
  • 携帯化を可能とする水素のその場製造技術の構築
  • 金属アルミの水素エネルギーストレージとしての適用技術
  • 金属アルミの水素発生利用効率の向上

本技術の特徴

KRIからのご提案

KRIでは、上記水素製造基礎技術をベースに新規なエネルギーストレージ、エネルギーデバイスの開発を支援します。

  • ●粒径・合金化などAl原料選定による効率的水素製造技術・プロセス技術の開発
  • ●携帯型水素ストレージとしての水素発生装置の開発
  • ●再生可能エネルギーのエネルギーストレージとしてのAl適用技術の開発

《共同研究:京都大学大学院工学研究科 平尾一之教授との共同研究》