セパレータ、バインダー、導電材、電解液など部材関連評価・解析技術

二次電池の材料・部材の課題解決は、課題レベル(解決可能、致命的、適用制限)、メカニズム解析、電極設計、電池設計技術適用可能性などを明確化し、その本質を見抜く必要があります。

本技術の特徴

KRIからのご提案/今後の展開/期待される成果など

クライアント様における個々の課題に対し、KRIの評価・分析・解析・電極設計技術などを活用し、一緒に考えていきませんか?

  • (課題例)
  •  ・特定市場ニーズに対しては特徴を有するが、抵抗・寿命などの課題が顕在化
  •  ・顧客から課題解決を求められているが、その解決方向性が見えない
  •  ・自社では特性確認できたが、顧客評価では機能が充分に発現しない