RNA増幅法を用いた 微生物・ウイルスの簡単計測方法

特別な機器を用いず、30分程度で簡便に微生物、ウイルスを検出する方法です。

目的・背景

●ヘルスケア、食品、医薬品工程管理においてウイルス・微生物を現場で簡単に計測する技術が求められています。
●微生物計測には、寒天平板法、PCR法などがあるが、時間がかかる、特別な装置が必要であるなど課題があります。

本技術の特徴

●本技術は、微生物・ウイルスのRNAを増幅、定量することにより微生物・ウイルス量を簡単に計測する方法です。
●微生物・ウイルス中のRNAは微量であるため、逆転写酵素、RNAポリメラーゼを添加し、一定温度でRNAを増幅、定量します(図1 RNA増幅法、図2 HIVウイルスの検出例)。

●核酸クロマト法と組み合わせることにより30分程度と短時間で検出可能です(表1)。

●これまでに、HIVウイルス、口腔中のミュータンス菌などの検出方法を開発しています。

本技術は、京都大学農学研究科保川教授との共同研究成果になります。

KRIからのご提案/今後の展開/期待される成果など

●本RNA増幅法を用いた微生物・ウイルスの簡単計測法をご提案します。
1.測定方法の構築(ターゲットの選定、プライマーの構築)
2.核酸クロマト法による簡易測定系の構築、キット化