セルロースナノファイバーの高速解繊修飾法

新規添加剤の効果による高速なCNF解繊・修飾手法を開発

目的・背景

  • KRIでは独自の修飾セルロースナノファイバー(CNF)作製法を開発しています。
  • 新規添加剤の作用によって、有機修飾CNFの解繊・修飾効率を劇的に改善し、より細いCNF形成が可能な新規プロセスの開発に成功しました。
  • 本技術は、木質バイオマス研究の新たな展開に応用します。

本技術の特徴

1.安全・安価な添加剤

  • ・安全性、環境影響が評価済みの安全・安価な展開剤で劇的なプロセス改善に成功
  • ・室温1〜2時間撹拌の省エネプロセス。特別な前処理、後処理が不要

2.簡便で劇的な化学修飾効率の改善

  • ・多様な有機修飾基への展開。従来困難であった対象への適用拡大が期待
  • ・従来法に比べ繊維径の細いCNFが形成可能

KRIからのご提案

  • 有機修飾CNFの省エネルギー高速解繊・修飾技術を開発しました。
  • 均質なアシル化ナノ細線CNFとすることで透明成型体への利用が期待できます。
  • CNF添加量低減でも十分な補強効果の発現が期待されます。
  • 解繊度と修飾度の独立制御が期待できます。

この内容に関するお問い合わせ

構造制御材料研究部