解析技術と計算科学の融合

新規な材料開発のための予測・推定技術

  評価対象サンプルは常に様々な組成の混合物です。機器分析の解析技術と計算科学を融合させた評価により、課題解決に貢献します!

目的・背景

  • ● KRIが得意分野としてきた材料研究者が取り組む分析手段の選定・分析実施・解析に加えて、計算科学アプローチで解決の糸口を掴みます。
  • ● 異なる特性を与えるが、同じようにみえる分析結果に潜む違いを人工知能(AI)・機械学習を駆使して解析に取り組みます。
  • ● これまでにない材料開発のアプローチを予測します。

本技術の特徴

1.多成分混合物の分離定量・未知成分の分離
  • •多次元データを機械学習的手法で個別の成分へ分離します。
  • •未知成分の発見、解析が期待できます。

2.入力データ
  • •個々の事例に応じて適した分析手法・解析手法を選定してご提案します。

3.計算機シミュレーション
  • •実験と計算機シミュレーションによるスペクトル予測などを組み合わせることも可能です。

KRIからのご提案/期待される成果など

  • ●似通った分析結果にもかかわらず、特性が異なる際の原因解明。
  • ●トラブル解決: 未知成分の検出・解析。
  • ●新規材料開発のための物性予測(MI)。
  • ●事例に応じて、アプローチをご提案。

この内容に関するお問い合わせ

構造制御材料研究部