株式会社 KRI Your Innovation Partner

JPEN

FC EXPO 2022
展示一覧

水素・燃料電池展 FC EXPO 2022 展示一覧

つちかってきた評価技術をベースとして、材料の特性をいかした燃料電池用の部材開発を行います。
材料の特性にフォーカスした燃料電池の開発 −高性能、高耐久化への取り組み−
高性能CO₂吸収材と電気化学的なCO₂濃縮技術を組み合わせたDACデバイスの開発に取り組んでいます。
CO₂を電気であつめて捕まえる −DACへの挑戦−
水電解やCO₂電解などの電気化学デバイス開発に取り組んでいます。
電解の効率アップをめざして −電極反応解析−
電気化学デバイスの面内分布を自動計測で評価できます。
電気化学デバイスの性能を可視化 −面内マルチポイント解析−
新規に開発された部材を用いてセルを試作し、セルとしての特性をフィードバックします。
燃料電池新規開発部材のためのセル性能解析 ーMEA試作からセル性能、耐久性評価ー
全自動スタック評価装置とインフラ設備を用いて、24時間体制で運転することによりスタックの開発を加速します。
燃料電池スタックの実機想定プログラム試験 ー高精度・高速な制御によるkW級PEFC評価ー
SOFCセルの性能劣化に影響するSOFCシステムで使用される金属からのCr揮発量を評価します。
SOFC作動雰囲気下における金属材料のクロム揮発量の評価
水蒸気比率90%の高露点ガスの安定な供給方法を開発しました。
電解[CO₂フリー燃料生成方法]の評価解析 ー高露点ガス安定供給技術の開発ー
CO₂を排出しないアンモニアの燃料利用について様々な開発を行っています。
アンモニア燃料エネルギーシステムの開発ーCO₂フリーアンモニア燃料の利用と貯蔵に関する評価ー